あなたの街のおいしい果物の業者をご紹介する総合サイト

おいしい果物が食べたい!

果物Q&A

Q1.果物は体に良いのですか?

A1.フルーツや野菜には、「悪玉」である活性酸素の害を抑える抗酸化物質がたくさん含まれています。ポリフェノールという植物特有の渋み成分や、力ロチノイドなどの鮮やかな色素成分は、この抗酸化成分の特徴です。1日に2回、200g目標に食べると生活習慣病を遠ざけ、若々しい肌を保つために効果的です。

Q1.具体的にどのフルーツにどんな効力があるのですか?

A1.フルーツは体に良いこと尽くしです。具体的に果実別と効能別にご紹介します。
【果実別】
①ぶどう:視力回復
ぶどうには疲れ目や視力向上に効果のある、ロドプシンという色素の合成を促し、視神経の働きを司るブドウ色素アントシアニンは、その名のとおりぶどうに多く含まれます。また、じん帯や腱を強くし、活性酸素の生成抑制により血液をきれいにしてくれます。
②柿:お肌
肌のしみ、貧血気味で顔色の悪い人は、カキに注目です。カキの成分にはビタミンCが多く含まれ、細胞の結合組織コラーゲンの合成に働き、免疫力をUPさせます。また鉄の吸収を助け、ヘモグロビン合成を促すため、しみの素メラニン色素の生成を抑えます。「美肌をいつまでも保ちたい」「健康的な顔色でハツラツとしたい」方には嬉しい果物です。
③りんご:歯
りんごの食物繊維(ペクチン)は、歯に良いとされています。歯茎とあごを強くし、歯並びをよくし、結果的にムシ歯予防にもつながるという効果が得られます。さらにあごと歯が強くなると、物を食べる、噛む力も強くなり、消化も良くなり、さらには噛むことで頭の働きも良くなると…二重三重の嬉しい効果を生みます。もうこうなってくるとりんごを食べない手はないですね。
【効能別】
①筋肉:メロン、さくらんぼ、カキ
筋力不足には、カリウムの摂取が効果的です。 この成分を多く含む果物は、メロン、さくらんぼ、カキなどで、調理すると失われやすいため生で食べるとより効果的です。 筋力が向上する上に、血圧を正常に保ったり、夏バテの防止にもなります。
②心臓病:もも、スイカ、メロン、りんご、ブドウ
消化吸収がよく、心筋の栄養に適するものが効果的ですが、刺激性や脂肪分の多いものは避けた方がよいです。
③胃腸病:りんご、ぶどう
ベクチンという他等質が含まれている胃腸に適度の刺激を与える果物に整腸効果があります。但し十二指腸潰瘍にはかんきつ類の強い酸は強すぎるので注意してください。
④腎臓病:すいか、りんご、すいか、りんごは、アミノ酸が豊富で、体内で尿を作る働きをよくします。特に急性腎炎には最適です。
⑤便秘:桃、りんご、柿、ラ・フランス
果物にほとんどと言っていいほど含まれる食物繊維は、便秘の解消に大きな働きがあります。中でも特に多く含まれている果物は、桃、りんご、柿、ラ・フランスなどです。また大腸ガンの予防にも効果があるといわれています。
⑥ダイエット:もも、すいか
コレステロールや血糖値の高い人には、ももやすいかなどの低カロリーの果物が良いです。これらは、食物繊維が多く含まれており満腹感がありカロリーが低いという優れものです。とくに脂身の多い食事が好きな方に、消化器官の働きを活発にするももは効果的です。ダイエットに、お菓子のかわりに果物を摂取するようにすれば効果的です。

Q3.果物はデザート?それともおやつ?朝食?いつ食べるのが効果的ですか?

A3.果物はほかの食べ物と一緒に食べるのではなく、単独で食べるのがよいです。食後のデザートには、果物を食べるというのは間違いで、本来ならば空腹時に食べるの方がよいでしょう。果物を食べた後に何か食べるときは、最低でも40分間あけた方がいいです。

Q4.なぜ食後のデザートに果物を食べてはいけないのですか?

A4.果物は最も消化しやすい食材で、口にしてからから30~40分で消化されます。その間に胃から腸へ流れていきますが、肉や魚やご飯は消化されにくく、胃に3~4時間残ります。
よって食後胃の中に入った果物は30分で腸に行きたいのに、前に食べたものが通り道をふさいでいる状態になります。結果、果物の酵素によって胃の中で発酵がはじまってしまいます。果物の発酵はほかの食べ物にも及び、肉やご飯なども発酵や場合によっては腐敗が進み、きちんと消化されないまま腸へ行くことになってしまいます。その過程で毒性のある物質が発生しその毒を肝臓で分解します。そうすると肝臓にも負担がかかり最終的に分解されないものは皮下脂肪となって蓄積されます。

今すぐ探す

おすすめの果物業者をPICK UP!!

おすすめの果物業者を「おいしい果物が食べたい!」が厳選PICK UP!!


△ このページのトップへ

Q&A QRコード